口座も賢く利用できる銀行系カードローン

MENU

口座も賢く利用できる銀行系カードローン

銀行系カードローンには都市銀行、地方銀行のほか、信用金庫などの金融機関の商品も含めることがあります。

 

基本的に貸付だけを業としている貸金業者と異なり、銀行系カードローンを提供する金融機関は預金の預け入れを行っている点に特徴があります。
そのため、口座を保有しているか、新規開設することを条件としてカードローンが利用できる銀行も少なくありません。

 

信用金庫の場合は、口座の保有だけでなく、給与振り込みなど一定の取引があることを条件により
有利な金利や大きな借入れができるカードローンが用意されているケースもあります。

 

近年では口座を持たずともカードローンのみ利用できるという銀行も増えてはいますが、
いざ口座があるといっそう便利にローンが利用できるケースが少なくありません。

 

金利などを比較する必要はありますが、ご自身が口座を持っている銀行でカードローンを申し込んだり、
今後、口座開設予定の銀行で申し込むと便利な場合があります。

 

その1つに口座にカードローン機能を付け、口座から出し入れをするキャッシュカードで
簡単にATMから借入できるようにする方法があります。

 

口座開設時にカードローンの申し込みも同時申請するか、もしくは既にお持ちの口座に
途中から申し込みをして付加することもできます。

 

口座開設には本人確認程度で済みますが、カードローンが利用できるかは
収入などの審査が行われるので、口座は持ててもローンは利用できない場合もあります。

 

この点、口座開設時にカードローンの申し込みをして審査が通っているのに
忘れていて使われていない方もいるので、一度確認しておきましょう。

 

また、子供の頃に親が作ってくれた自分名義の口座を引きついだ場合などは、
20歳以降に改めてカードローンの申し込みをする必要があります。