事業資金の調達方法について

新たに事業を起こしたり、また、いま手がけている事業を運営するためには、当然ながら資金が必要となってきます。

 

いわゆる事業資金と呼ばれるものです。

 

例をあげますと、飲食店を新規でオープンする場合に、店舗になる物件を取得する費用や、
その物件のリフォーム費用、調理器具や備品などの購入費、従業員の募集費用などが、事業資金の範囲に入ってきます。

 

他方、自分の生活費や投資資金は含まれません。

 

個人経営や零細企業経営などにおいては、ともすれば、生活に使う現金や
自家消費分までが事業資金に混同されてしまう恐れがありますので、注意が必要です。

 

事業資金の調達方法としては、各種のやり方があります。

 

まずは、政府系金融機関、つまり、日本政策金融公庫からの融資を受けることです。
公的機関として、民間の金融機関があまりやりたがらない、創業時の融資に対しても積極的な支援を行います。

 

創業者にとっては非常に頼もしい存在です。

 

次に、信用保証協会という公的機関が保証人になって、民間の金融機関から借入をする制度があります。
信用保証協会が貸し倒れのリスクを負います。

 

ほかにも、市中の銀行や民間貸金業者、信託会社からの融資を受けたり、
投資ファンドを利用した投資等などで、事業資金の調達を受けています。

事業資金をできるだけ手軽に借りられるところを探してみました

今まで副業としてやってきた事業が徐々に成果が出てきたこともあり、脱サラをして個人事業主としてスタートすることになったんです。

 

もう少し事業の拡大を狙って、資金集めをしたいと金融機関で事業資金が借りられないか、色々と調べてみました。
ビジネスローンというものが該当するようで、中には一般のカードローンのように使えるものも存在し、使い勝手のよさに魅力を感じました。

 

ただ、金融機関のビジネスローンはやや審査が厳しいと仕事仲間に聞いていたので、
消費者金融についても事業資金の調達の候補にすることにしたんです。

 

消費者金融では総量規制の法律がありますが、むしろこの規制があるおかげで、借りすぎが防げるのが便利です。

 

消費者金融においても、一般のカードローンとは別に、ビジネス用のカードローンが用意されており、
借入限度額がやや低めですが、事業が今後どの程度大きくなるか未知数ですし、自分としては十分な借入限度額です。

 

結局、まだ信用が得られていない立場とあり、消費者金融のカードローンを選ぶことにしました。

 

事業資金だけでなく、プライベートにも使えるカードローンを選んでみたんですが、使い勝手のよさが決め手になりました。

事業資金を融資してもらえるビジネスローン

念願のサロンを開業するときに、初めての事業ということもあってもちろん通常の銀行や信用金庫から事業資金を調達することができませんでした。

 

そこで通常のキャッシングなどで事業資金を調達しようとしたのですが、使用目的に制限がないはずのキャッシングも、
事業資金としての利用はできないと明言しているところが多く、困っていました。

 

ベットやスチーマーなどの開業に必要な設備のためにどうしても資金がいるので、
融資先してくれるところを探していたところビジネスローンを知りました。

 

これは初めて事業をするような方でも、事業資金を調達できる借り入れです。

 

かなりまとまった資金を融資してもらえるので、このビジネスローンでベッドやスチーマー、
リフォーム内装まで賄うことができ、無事にオープンにこぎつけることができました。

 

サロンはまだ始まったばかりですが客足も順調で、返済をしながら経営していくという目標もできたのでしっかりやっていけそうです。

 

こうした事業資金の融資が受けられないと思ったようなサロン展開ができなかったので、
独立開業者にとってはビジネスローンはとてもありがたいシステムだと思います。

 

多くの方がビジネスチャンスに飛び込むことが出来るからです。

お気に入りサイト

  • 借入したい

    実際にお金を借りてみた体験談及び、人気の借入ローン会社のランキング比較等。

  •  

  • おまとめローンの審査

    おまとめローンで借金の負担を軽減するにあたり、口コミ評価が高い会社を厳選しました。